回収業者って何なの?

不正な請求をされた時に話題に出てくる「回収業者」。
迷惑メールの送り主がこの「回収業者」だったりすることもありますよね?
果たして本当に存在して、彼らに正当に請求する権利はあるのでしょうか。

ここで言う「回収業者」は、本来は「債権回収会社」のことを指しています。
「債権回収」とは(ちょっと難しくなりますがしばしおつきあいください)弁護士以外の者が委託を受けて、法律事件に関する法律事務である特定金銭債権の管理及び回収を行う営業又は他人から譲り受けて訴訟、調停、和解その他の手段によって特定金銭債権の管理及び回収を行う業務のことをいいます。

ポイントとなるのは、法務大臣が許可した債権回収会社でなければ債権管理回収業を営むことはできないということです。
さらに言うと、法務大臣の許可した債権回収会社が、出会い系サイトやアダルトサイトの(多くても数万円といった)少額の利用料の回収することは通常ありえません。

そもそも、架空請求に関しては全く支払う義務がないので、ここでは、その話題には触れません。

しかし、架空ではなく、まっとうに出会い系サイトを利用して、お金が払えなくなった場合に登場する「回収業者」も実は存在するのです。
正当な請求を利用者が無視して延滞した場合などに出会い系サイト側が言ってくる「回収業者に依頼します」の「回収業者」です。

ここで言われる「回収業者」「債権回収代行業者」「回収員」等は、上で説明した「債権回収会社」を指すものではなく、単なる「請求代行業」と考えたほうがいいでしょう。
つまり、借金して延滞したときとかに良くでてくる取立て屋です。

まあ、本当に利用したなら、取り立て屋が出てくる前に払ったほうがいいですね。逆に、利用していないなら、断固として支払は拒否し、消費者センターや警察に相談しましょう。一人で悩んでいても解決しないですし、恥ずかしがる必要は一切ありませんから。