ワンクリック詐欺

出会い系サイトで一番有名な詐欺がこの『ワンクリック詐欺』です。
利用者の被害報告も多く、年々増加傾向にある悪質な詐欺行為です。

具体的にどういった悪徳な詐欺行為なのか説明していきます。

ワンクリック詐欺とは『入場ボタンや認証ボタン、またはページを移動するだけで有料コンテンツに入会させられてしまう詐欺』のことを言います。被害は主にアダルトサイト、出会い系サイトでの被害が大多数です。
しかし、最近では、さまざまなジャンルのサイトでも被害が報告されるようになってきています。

ワンクリック詐欺とういう名前の由来は、ボタンやアドレスなどを『ワンクリック』するだけで入会させられてしまう事から『ワンクリック詐欺』と呼ばれるようになった経緯があります。

基本的にワンクリック詐欺の対処方法として『無視することです。
また、法律の観点から話すと、インターネットで契約を成立させるためには、下記の内容を満たす必要があります。

  1. 事業者は購入前の画面でその契約が有料であることを明示。またその契約に幾らの料金が必要かも明示する。
  2. 事業者は、申込みボタンを押した後に、有料契約を結ぶことの確認画面を設置し、契約に同意できない消費者のために、キャンセルできるようにする。
  3. 上記条件を満たした上で、契約が成立したことをお知らせするメールなどを消費者に送信した時点で、契約が成立。

上記の3つの条件を満たさないサイトとの契約は法的には無効となります。無視しておけば問題ありません 。
どんなメールがきても無視するもしくは、消費者センターに相談してください。

そして、ワンクリック詐欺の特徴であるIPアドレスですが、IPアドレスによる個人の特定は不可能です。たしかにサイト管理者はアクセス元のIPアドレスを知る事ができます。
しかし、貴方がネット上でなんらかの犯罪を犯し警察が貴方の使っているプロバイダーへ情報開示を求めた場合、個人を特定する事ができますが、悪徳業者が貴方のIPアドレスをプロバイダーに情報を求める事はできませんので安心してください。
業者が連絡をした時点で業者自身が捕まります。