大手の出会い系運営業者がつかまる。その被害額66億円!?

nise-line
2015年5月、大手の出会い系運営業者がつかまりました。

その容疑は、上の画像にもあるとおり、「LINE」の偽のロゴを使い、出会い系サイトに勧誘して、利益をあげていたというもの。

nise-line-keijiban

こんな感じの、LINEっぽい雰囲気の掲示板に利用者を誘い込み、その中の誰かの画像をクリックすると、情報登録が要求され

keijiban

最終的にこういった、いかにも出会い系サイトといった体裁の別サイトに誘導され、そこでがっつり架空請求がされるという流れ。

 
最初にこのニュースが報道された時、偽LINE掲示板サイトを運営していたのが2014年6月~11月で、出会い系サイトに延べ270万人の登録があり、66億円売り上げていたとあったので、どんだけ短期間で荒稼ぎしたんだよと思ったものでした。

しかし、2015年6月に入り、今度は同じ業者が、詐欺容疑で再度つかまったのです。
2004年~2014年にかけてサクラを使っていたことによる詐欺という容疑。

おそらく、サクラによる詐欺容疑は、踏み込んでパソコンやら資料やらを押収しないと証拠が足りないのでしょう。なので、最初はわかりやすいLINEのロゴを不正に使用したという軽い容疑で逮捕したと。

単純平均して1年あたり6億円、1ヶ月あたり5000万円の売り上げ。
先日の「九条麗子」の件でもそうでしたが、1ヶ月あたり5000万円あたりが稼いでいる出会い系サイトのラインなのかもしれません。